アフィリエイト 初心者向けに、アフィリエイトの基礎知識やSEOなどのテクニックなどを紹介します。

トップページ

広告主のメリット

アフィリエイトには、広告主とアフィリエイターの両方に、メリット・デメリットがあります。

まずは「広告主のメリット」から紹介していきましょう。

赤字リスクがコントロールできる

アフィリエイトは基本的に「成果が上がった分だけ報酬を支払う」仕組みなので、成果が発生しない限り広告費を払う必要がありません。

通常の「毎月○円で広告を掲載」「広告1クリックごとに○円」という課金形式だと、成果の有無にかかわらず固定費が発生するため売り上げによっては赤字になる恐れがあるのに対し、アフィリエイトであれば「売上の20%を支払う」という形式に出来るため、赤字のリスクが少ないという特徴があります。

もちろん、リピーター獲得を目的として、「1,000円のお試しセットが売れたら1,500円の報酬」などの設定も出来ます。

固定費がない分、初期費用が少なく、売り上げに対する広告宣伝費の割合をコントロールできるという点が広告主にとっての最大のメリットと言えるでしょう。

集客チャネルが自動的に増える

アフィリエイト広告を出稿すると、よほどニーズの少ないジャンルでない限り、広告の掲載を望むアフィリエイターが現れます。

アフィリエイターは基本的に「売り上げを発生させて収入を得る」ためにサイトを作りますから、広告主のサービスや商品を褒め、推薦します。

つまり、自社のサービス・商品を推薦するサイトが自動的に増えていき、集客のチャネルが増えていく事になるのです。

また、自社が宣伝するよりも「口コミ」の方が消費者に受け入れられやすいですので、質のよい商品・サービスであれば成約率が上がる事も期待できます。


次のページへ  次ページ アフィリエイターのメリット